お客様の声

●コラージュグループセッションにご参加された方

 こんなふうにちゃんとした場でコラージュするのは初めてで、ちょっとドキドキだったのですが、やりだすと雑誌やカタログからあれもこれもと欲張ってチョキチョキ切り出すのが気持ちよくなっていました。

勢いに乗って貼り付けて見てみると、自分の欲望全開みたいでいて、講師からの声掛けでなんとなく自分の心の中の素の部分がちらほらと見え隠れしてくるのが不思議でおもしろい!
いつのまにか少し視線が上向きになってきた感じで、最後の絵本セラピーでまさに私のテーマにふわっと着地していました。
 

 (この会は特別に最後に絵本を読みました。)


傾聴(こころを聴いて)・視て感じる~アートコミュニティーに参加された方

               ご参加の方よりメッセージで頂いた内容です。

Aさん

 こんばんは。こちらこそ、ありがとうございました。アートは今は全然触れてないので、とてもよい気分転換になります。
○○さんの絵の印象が話していくうちに変わって来たのはすごく不思議な体験でした。私もお2人から貴重な言葉を頂いて良かったです。

 Bさん

・私はやはり傾聴には強い興味がありますし、自分が自分を表現する場が欲しいとも思って参加しています。

 

 

アートワークを個人セッションで体験された方 

 自分の口から出た言葉に驚きを発見

私は母のように「芯の通った人生」を歩む!!

マンツーマンで自分自身の深掘を体験できた。

 

アートワーク・アートセラピー入門 体験型に参加された方

   (3名ご参加のグループセッションでした。)

 自分で思っていたより自由に描けたと思います。

パンパステルをもっと使ってみたいです。

自己表現はまだまだ私にはハードルの高い作業です。

今日は思いがけず「はみ出す私」「はみ出すことをよしとする私」に出会いびっくりしました。

 

●アートワークセッションを個人で受けてくださった方   


 

 

 

 

 

 

画像はパンパステルと蜜蝋くれよんで表現


    注)御本人が記事に掲載してくださった文章を許可を得て抜粋しています。

    ほぼ全文に近いです。

 

お部屋にはセラピーの本が本棚にズラリ。自分がチェックしていた本も並んでいました。

まず、用意されたのが色鉛筆と、ブロック上の固いクレヨンの様な物、あとはパウダーに近い塗料(スポンジで優しく色を乗せて行きます)など。

そして白い紙を1枚。

「何でも良いから紙に好きな様に描いて見て」

と言われたので、自分はその時頭に浮かんだイメージを書き始めました。

hikaru☆さん(これは私のことです)はこの時どうやら、単に画材に慣れて欲しい為この指示を出したそうなのですが、私が描いたのは、線やらマルやらの「試し描き」ではなく、とある一輪の花でした。 ↑上に掲載した画像

前日、京都の伏見稲荷大社で自然の風景の写真を夢中に撮っていたのですが、

その時参拝ルートから外れた山の中で撮ったとても美しい椿を、無意識にその時紙に描いていました。

 

コレ、後日気付いたんですが、自分が山で撮った写真と絵がそーーっくりなんです。写真も見ずに感覚で手を動かしただけなのに。これには驚いてしまいました。

hikaru☆さん:

「この絵を見て、どんな事が浮かんできますか?」

「・・・・」

椿の周りには柔らかい光

その周りにピンク色の球体が幾つか有る。

絵を見ているとあら不思議

勝手に言葉をペラペラ話していました。

別に誘導されたでも何でもなく、ただ見守ってくださるhikaruさんの前で私は自分の深い内面世界へと入って行く気がしました。

※決して危ない話じゃないですよ!私の場合、意識はちゃんと現実世界に残ったままでした。半分あっちの世界に足を突っ込む感じ??

 

そして内なる要求の言葉が出てきたのです。

自分が周りを優しい空気で満たしたい、自分だけが持つ「個」の力で

椿の周囲のピンクの球体は周りの人々を表しているかどうかは正直分かりません。

(自分でそうだ!という感覚もあまり無かったので)

自分が描いた絵は、キッカケでしか無く、もしかすると意味の無い物なのかも知れませんが、「自由に描いて良い」という、有る意味、海に投げ捨てられて呆然とする様な意識の中で、山の中で見た椿がスーッと頭に浮かんで来たと言う事は、この椿に自分は大きな感動を覚えたのだなぁ、と。

で、気がつくと私は、椿の花に自分を投影し、普段考えていた「内なる自分」の姿(絵を描きたい要求が有る等)をhikaruさんと言うより、自分自身に対して語り出しました。

hikaru☆さんはその間、ただただ黙ってずーーーっと聞いて下さいました。

見守られている安心感からか、自分が何故過去に絵を描かなくなってしまったのか、と言う理由が、その時パッと「映像として」浮かんで来たのです!!

その原因、何と無くは気付いていましたが明確な原因がさっぱり分かって居ませんでした。

実は、昔の親子関係が大きな原因となっていた事を、「自分から」知らされる事になるなんて…!!!

     注)実際私は、言葉やノンバーバルな表現をふまえ導入をしていますし

      御本人が表現された作品や言葉にたいして、言葉によるアプローチをし

      ています。

 

 ●絵本&和み彩香カラーセラピーセッションを体験してくださった方

 

・絵本数冊の中から選択して頂き、それを

 たくさん自分の話ができてスッキリしました。絵本からの見方で、こういう

 考え方を持っていたのかと気付けました。

・自分の中で色々悩んでいる部分、直したい部分があったが、それもひっく

 るめて自分だと改めて思った。あと「自分らしさ」についてはっきりと考え

 る事ができた。